犬 しつけ 待て

犬のしつけの「待て」を上手にしつけたいのですが、どうすればよいでしょうか。

犬のしつけの1つに「待て」がありますが、
どのようにしたら上手にしつけることができるでしょうか。

 

犬のしつけの「待て」は、
様々なトラブルを未然に防ぐことができる大切なしつけの1つ。

 

飼い主が待てと指示をして、
その命令を解除するまでは犬は動かなくなるようにすることが大切です。

 

まずは、大好きなおやつなどのご褒美を用意しましょう。
またはおもちゃでも構いません。

 

そして家族で待てと指示する言葉を決め、指示語を統一させます。
人によってしつける言葉が違ってしまうと、犬は混乱をしてしまい支持通りに動く事はできません。

 

統一した言葉が決まったら、それと同時に解除をする言葉も統一しましょう。
一度決めたら変えずに、指示するのがコツです。

 

まずは、犬をお座りの状態にしましょう。
そして少し離れて、その間犬がじっとしている状態であればほめてご褒美をあげます。

 

こうやって教えて行きながら、はなれる距離を延ばしていきます。

 

それができるようになったら、
待ての状態と指示語が結び付けられるようにしていきます。

 

「待て」と言って離れてみても犬がじっとしていたらほめる。
何度か繰り返しじっとしていると言う事が「待て」という事なのだとわかるようにしていきます。

 

途中動いてしまった場合は、叱りすぎたりしてはいけません。
再びお座りの状態にして、最初から指示をしていきましょう。

 

待てがわかるようになったら、解除後の「よし」を教えます。
犬がじっと待つ事ができたら、「よし」と言って自分の方に来るように誘う。

 

そうすると飼い主に近づいて良いと言うのを認識していくので、
「待て」と「よし」ができるようになります。あせらずに根気よく嫌にならない程度にし、
愛情を持ってしつけを行いましょう。

 

>> 効果的な「待て」のしつけ法も、ありましたよ